会社案内

ホーム > 会社案内 > 沿革

沿革

1967年12月

日本産業航空株式会社を設立

1968年3月

航空機使用事業及び不定期航空運送事業免許(空監第88号)取得

1980年12月

セスナ402型で不定期運航開始(八尾〜白浜)

1985年11月

朝日航洋株式会社が資本参加

1986年5月

二地点間旅客輸送・運航開始(種子島〜屋久島)

1986年6月

朝日航空株式会社に名称変更

1987年4月

西瀬戸エアリンク(大分〜松山〜広島)運航開始

2000年9月

空中レーザー計測飛行開始

2004年10月

デジタルマッピング撮影飛行開始

2005年12月

ANAグループ エアーニッポンネットワーク社の操縦士の訓練指定校

2008年10月

TS21Dシミュレーター(飛行訓練装置)国土交通省認定検査に合格

2009年2月

ビーチクラフト式G58型導入

2011年9月

エアフライトジャパン株式会社から訓練事業及び鹿部飛行場管理業務譲受

2014年7月

セスナ式172S型導入

2015年2月

経済産業省より航空機製造事業法による航空機修理事業認可証を取得

2016年11月

GTX-MAX型シミュレーター(飛行訓練装置)国土交通省認定検査に合格

ページの先頭に戻る