TOPICS

  • TOP
  • トピックス
  • システム座学で使用するカットモデルの製作について

2019.01.31

パイロット養成課程

鹿部飛行場通信

システム座学で使用するカットモデルの製作について

A&A(日米一貫課程)国内初期訓練で、機体の構造や、発動機の構造を
初めて学ぶ訓練生のために、実際に使用されていた部品を再利用して、
プラグのカットモデル教材(写真)を製作しました。 
このカットモデルは、「見て、触って理解できる教材」の一例です。
これまでは、テキストや現物を見てシステム座学を行っていましたので、
内部構造がイメージできませんでした。このカットモデルの活用の甲斐もあり、
現在は、構造や仕組みをより一層理解して頂けるようになりました。
このカットモデルは弊社整備士の自作で、他にも多くのカットモデルがあり、
訓練生の機体システムの理解に大いに役立っています。

 

システム座学で使用するカットモデルの製作について

実際に訓練機で使用したプラグを活用しております

システム座学で使用するカットモデルの製作について

当校スタッフは訓練生の理解度の向上の為、日々新しい教材を模索していきます。

TOPへ